WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは9/11です

BIBURY

TRAVEL 世界への旅

UK(イギリス)は England(イングランド)の中央部に

「蜂蜜色の石」とも呼ばれる limestone(石灰岩)の家が並ぶ

かの有名なCotswolds(コッツウォルズ地方)がある

 

そのなかでも Bibury(バイブリー)は

植物模様の壁紙などで知られる モダンデザインの父

William Morris(ウィリアム・モリス)に

「イギリスで最も美しい村」と言わせたところ♡

 

何もすることはない 全くの観光地でもある

時どき同じ日本人を含む アジアからの団体観光客を見て

げんなりもする…

 

それでも 何度でも訪れたくなる村♡

(そして 実際に訪れている…♫)

Morrisはまったく… 正しかった!! 笑っ

 

 

特に Arlington Row(アーリントン通り)に並ぶ

1380年に修道院の羊毛貯蔵所として建てられ

その後職工たちの住まいに改装された コテージ群(写真)は

今や UKの田園風景の代表である

 

とにかく… 可愛いっ♡

‘The Wind in the Willows(たのしい川べ)’のような

絵本の世界が 実際にそこにある…

ドア天井は低く 小人が住んでいるようだ♡

 

管理は National Trust(ナショナル・トラスト)だが

小人かは知らないが 今でも誰か住んでいるそう♫

(だからご迷惑のないように 静かに観て!!)

 

 

すぐ傍を流れる River Coln(コルン川)のせせらぎ

陽のひかりにゆらぐ 水面に

戯れる水鳥たち… そして石造りの家…

1枚の美しい絵のような それらを眺め ぼーぉっと…

それだけで 他に何が要る?

 

そう想える 本当に素晴らしい光景が Biburyにはある

タイトルとURLをコピーしました