SWEAT: 苦労すること

LIFE 日々想うこと

半生の木を割り その生命力に圧倒される

筋が絡み合い 引き合い まだまだ1つの生命体であろうとする

「生」の持つちからが この身に響く

I was astonished by the power of life,

working on half-alive logs.

The strings tangled and drew close to one another,

and tried to stay one whole “living”. Amazing!!

       

        

たとえば 世界の人びとと話そうとしたとき

自動翻訳機1つあれば 悩むことなくパッとこなせる すごいっ!

An automatic voice translator helps us

talk to all people around the world smoothly. WOW!

       

ただ 困って悩んで汗かいて

どうにかこうにか わかったときの達成感や喜び!

なくなっちゃうなぁ*…

Thus, instead, we lose…

the contentment and pleasure in relation making

after a long sweaty puzzling moment*!

            

お互いが得る情報量は 少ないだろうけど

そんなところじゃない もっと深いぶぶんのつながり

その心地良さ… それを1度知ると

翻訳機の便利さが 不思議とかすんでいく

Even lessening information to gain,

raw communication brings us to the blessings of relation.

Once you relish them, it, oddly enough,

lets forgotten the convenience of translator.

       

「ひと」のちから 「生きもの」のぬくもり

Power of “Human Being”

Warmth of “Creature”

        

       

*ただこれを 美化するのではなく

しかし 身重なカラダが 神秘の生命を産みだすように

大変さの先には 恐ろしく素晴らしい

「生」のちからがあると…

それをどれだけ大切にしていけるか

今 分かれ道にいる

*We don’t mean to romanticise this.

But, as a pregnant body carries a miracle of birth,

that of “live actions”

awaits you after hardship.

We are at the turning point now

how much you can believe in your own.

      

 

タイトルとURLをコピーしました