WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは1/23です

INFERIORITY: 言葉コンプレックス

ARTS アートのお話

うまく言葉では 言い表せられない

だから アートを用いる

身体を動かし 態度や表情で示す

I can’t explain all my thoughts by words.

So, I use arts. By moving this body,

in the attitudes and physical expressions, I present myself.

             

それでもスッと伝わらなくて もどかしい

「言いたいことは はっきり言いなさい」 

うん… 自分でもそうしたいよ

だけど どうやっても上手くいかないんだ

Yet, I felt stressed as my words

don’t reach others always smoothly.

“Say clearly what you want to say.”

Yes… I wanna do so too…

but any words don’t depict me well.

       

自分の言葉が 嘘っぽい

My words don’t sound true to me,    

           

      

言葉の大事さも わかっている

ジェスチャー・ゲームをすると 

「身体の表現」の可能性や楽しさを認めつつ

「言葉なら、すぐ伝わる」に 落ち着くひとが多い

But also, I know the power of words.

In gesture games,

whilst most players admit

the potential and pleasure of “physical expressions”,

some come to a conclusion

“words can deliver the meanings easily”.

             

       

では 「言葉で十分伝えきれているか?」と問えば 否である

言葉にならない感情や想いに ひとは溢れている

Then, “do words tell all perfectly?”– The answer is no.

We have so complicating emotions and thoughts

that can’t be verbalised.

         

そこを切り捨てるのではなく

汲むために 自分をまるまる扱うために

言葉以外の表現が 助けてくれる

Not for ignoring, but understanding them,

for grabbing the whole of one’s own,

non-verbal expressions are helpful.

       

アートが そこを掬(すく)う

Arts are there for you.

               

        

そして 言葉から生まれる詩や小説も

紛れもないアートの1つ…

Besides, poems and novels, that consist of words

are one of arts, undoubtedly. 

       

安心して  そこでは「自分の言葉」が出る

In those, I can utter “my words” at ease.       

             

             

だから あきらめない

苦手でも やりようはある

表現に挑み続ける

So, never give up.

Even in inferiority, you can find a way

to express yourself.

Keep on trying.

                            

タイトルとURLをコピーしました