SUGGESTION: あくまでも提案

ARTS アートのお話

ワークショップで わたしがする提案

それは あくまでも「提案」であってほしい

My suggestions in workshops

need to stay just as “suggestion”.

      

「命令」でも「助言」でもなく 「提案」!!

It’s just a “suggestion”, not “order” nor “advice”. 

        

参加者は ファシリテーターの言葉をただ鵜呑みにしがちだが

それは「1つの主張」にしかすぎず 「すべて」じゃない

Participants tend to swallow what the facilitator says.

But remember: it’s just “one voice”, not “everything”.

            

e.g. ある日 「子どもの頃の呼び名」を提案すると

ぞぞぞぞぞぞっ… うん? 空氣がぎこちない

すると 「良い想い出がないから…」との 誠実なお声!!

なるほど!! では「憧れた呼び名」「好きな名前」でも と促せる

ワークショップの筋は 懐かしさや心地よさだったから

そこにおおよそ即していれば OK!!

e.g. The other day, I suggested a group

to call each other with “the nickname in the childhood”.

Soon, I sensed an air of confusion up at a corner of the space.

Then, a honest voice was heard: “my childhood was miserable”!!

So instead, I led her to think “the name she liked or wished”.

The workshop was designed to evoke

one’s “fond memory or sweet pleasure”. Within the frame, any is OK.

      

何より 心にまっすぐな意見が表現化されたことが 嬉しい

What is more, we were happy about the opinion

expressed straight from the heart Yeah!!

      

           

LOVEACEのワークショップは ここを大事と捉えている

LOVEACE takes the best care of this point.

          

どんな提案があってもいい どんな反応があってもいい

どちらが or どれが 良い悪いじゃない

そこで湧き起る想いを どれだけ汲み 表現できるか

そして どれだけ違いを迎え入れられるか

不安定さを 変化を おおらかに愉しめるか…

Any suggestion is fine. Any response is fine.

It’s not which or what is better.

We mind how much we can feel & express the inner voices,

how much we can welcome the differences

and how pleasantly we can be with the uncertainty and change…

                                

そのための「ゆとり」を提供する

We provide you with the “space”. 

          

       

アートや遊びをする環境は 豊かだ

「多様性」や「独自性」が当然のこととして 認められている

The artistic & playing space is abundant

in “diversity” and “originality”, which is permitted as the prime.

           

             

そんなのどかなワークショップへ 2020年は来てください→ こちら

Come to such peaceful workshops in 2020. Click here♫ 

     

Happy New Year!!

        

 

 

タイトルとURLをコピーしました