WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは2/20です

GROWTH: おとなを超えよ!

LIFE 日々想うこと

おとなとこどもも 共存こそあれ 主従は必要ない

Also between adults and children,

make a relation to live together, unlike master and servant.

   

世界は より明るくなっている

今まで見えなかったものが 見えるようになった

The world gets brighter and brighter.

We can see now what we couldn’t before.

   

より多くのひとが 海を越え 異文化に触れ

その土地のひとしか知らなかった景色に 出逢うようになった

Onlineで 遠くのひとと 瞬時に話せるようにも♫

それだけじゃない 教育の機会を得ると

微生物を研究し 宇宙へ旅立つようになった!!

More people are now going abroad, and touched

by different cultures and views that only the local knew before.

Online, instantly, you can talk to somebody in a distance♫

Above these, having an educational opportunity,

we’ve been studying about microbes and even started travelling into space!!

     

    

おとなが知らない世界を こどもは知る

Children conceive the world adults don’t.

   

      

土地に縛られた知識しか 持てなかった過去から

それが borderlessになり 

望むままに 知識欲を満たせる現在へ

そしてますます その世界は広がっていく…

Our world grows more and more…

departing from the past,

in which our knowledge only comes from our experience

but now unlimitedly as much as we desire.

    

   

「そこに対応した環境を 

こどもに授けられているか?」

= おとなを超えていく こどもをゆるしているか?

“Do we adults give children a good environment for this?”

= Are we allowing them to go beyond us?    

   

ひと昔前 学歴が人生を左右した

そのとき親たちは 苦労した自分よりももっと

こどもが「優秀」になるよう 願った

Once, our lives were decided by the academic backgrounds.

The parents with many troubles wished

that their children become way more “excellent” than themselves.

   

激しい生存競争は こどもを疲弊させたが

このおとなの願いは こどもを

自分の手の届かない 世界で活躍させることをゆるし

また そのための環境を提供した 

The severe games in society exhausted some children.

Though, the adults’ wishes saved their learning opportunities

and encouraged them to act in the new fields

where the parents had never imagined. 

    

     

この点において 大病の後であったとしても

「演劇」という主要5教科外の分野で

英国留学を望む わたしの行動をゆるした 

親のちからには 感服するしかない 本当にありがとう♡

At this point, I also appreciate and respect my parents♡

They let me study “Drama”, one of the most minor subjects in Japan

in the UK, even after a serious illness. 

   

アートや海外に興味があったとしても 

わたしの親の「範疇外」の世界に わたしは飛び立った

Even though my parents were also interested

in arts and foreign countries,

my departure meant to be way “beyond their reach”.

    

不安もたくさんあった 

困っても 英語の話せない親には

頼れないことも 多々… だが それがよかった 

親が信じて送り出してくれたこと

それが 常に「自ら生きる」励みになった

I had many anxieties.

Mostly in troubles, I couldn’t ask my parents for help

as they can’t speak English anyway. This was good to me.

Their trust to send their only a child far

strengthened me to “live by myself”, always.

    

   

時どき 自らの「可能性」を消した 20歳前後の若者がいる

巣立ったようで 未だ 

親や先生の巨大な手のなかで 戯れていて…

良い子だけど 正直情けない

Sometimes, we meet the youth around 20 who lost their “own views”.

They are good children but disappointing…

they seem like leaving home

but actually stay in the parents’ or teachers’ hands yet. 

      

特に 親の影響力ってすさまじい…

離れても離れても 遠ぉ~く離れたようでも きっと 

ず~っと逃れられないだろう

Especially, parents are so influential…

Away and away, coming far from them, yet you feel them close.

   

だからこそ!! だからこそ

自分のわからない世界に こどもを放つ恐怖と闘い

こどもの「生き抜くちから」を信じて

おとなが手放すのだ

So!! So, we adults should leave the children.

Fight against the fear

to release them to the unknown (to you)

and hold a belief in their “vitality”. 

    

      

こどもには おとなを超えるちからがある

Children have a power to go beyond adults.

    

それを発揮する環境を おとなは創ることだ

それには おとな自身が率先して「自立」*すること!!

ひととの違いに たっぷり馴れておくこと

→ LOVEACEのワークショップやコンサルテーションを♡ 詳細はこちら

そういう… ゆるしの社会を 心より願う♡

Let’s create a society in that children can use it.

For this, first, we adults need to “set out on our own”*!!

and deeply accept the differences among people.

→ Come to our LOVEACE workshop or consultation♡ Click here.

We sincerely hope such a world of… grace. 

    

*親との同居云々の話ではなく 精神的に

*It’s not about actual matters like if living with parents,

but about your mind for “living yourself”.  

           

タイトルとURLをコピーしました