WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは1/23です

MUTUALITY: コミュニケーションを求める子ども達

ARTS アートのお話
子どもと活動をしていると 学ぶ
いや新しく学ぶというより
大人が失いかけている感覚に 氣づかされる
We learn from kids, in activities.
Rather than acquiring new,
we get aware of the sense almost lost by adults.  
         
      
「わからないを楽しむ」
“Bring pleasure to mystery”.
        
アートだけじゃなく
コミュニケーションにも必要な感性
This is an essential sensibility
in not only arts but communication.
         
      
子どもワークショップ
子ども達が考案&創作した舞台を
毎年3月 「(研究)発表会」として披露する
In EM workshop with kids,
every March
we present a stage
they design and create all.
                        
子ども達は 「わかりやすく」見せるだけでなく
敢えて「わかりにくく」見せようと したりもする
観る者に 一方的に投げかけるより
対話を求めるかのように♫
Kids try to act “clearly” to the audience
and also, “unclearly” on purpose.
It’s as if they want a dialogue with the viewers,
not just throw the opinion at them♫
         
そこに楽しみを見つけているのだ!
Kids know much of the FUN!
         
      
そのまま「わからない」で終わらせてしまうのか
「わからない」から発展させられるか
Then, how do you take the “uncertainty”:
leave it there or go with it? 
           
観客の大人を試すようでもある
Kids’ work seemingly tests
the adults in the auditorium.
                   
「子どもがしたら こんなもの」ではなく
「子ども達が創り出したこれは (自分に)何を届けるか」
そこを感じていくことで 新たな対話が始まる 
Not judging like “this is the limit of kids”
but ask yourself “what this kids’ creative piece carries to me”.
It opens a new talk with artists.              
                     
       
あなたの目の前
今ここに存在するものには
すべて意味がある
What’s in front of you,
all present in here now has a meaning.
             
あなたにとって 意味がある
It comes for you.
      
     
演じられた瞬間から それは
演者を離れ
観る者に委ねられる
The moment it’s cast,
it’s already away from the actors
and becomes in hands of the audience.
       
      
「わからない」は 
コミュニケーションの始まり
そして 学びの始まりになる
“Mystery” starts communication
and also, any learning…
あなた次第でね as you wish.
         
           
タイトルとURLをコピーしました