WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは10/17です

WORDS: 生きた言葉

ARTS アートのお話

アートをしていると 自分の土着なぶぶんに近づける

Art making brings us nearer to the indigenous part of us.

    

落語を聴くと ホッとする

そこで人びとは 色鮮やかに生きている

Listening to RAKUGO, I feel relieved.

In it, the characters are living so colourfully.

    

どんなに滑稽でも 

詩人・茨木のり子氏が言うように

「「あぁ、久しぶりに人間の言葉を聴いた」という、

一種のよろこびを呼びさまして」もらえる

How clownish it sounds,

as a poet Noriko Ibaragi says,

it “raises a sort of pleasure in me:

“Yah, after a long while finally I hear human’s words!””. 

    

確かに現代は 安易な言葉が溢れかえっている

もっと 各々の人間のうちに 

温め 熟成され 

そのひとそのものとなった言葉を 求めたい

In actual, now we too frequently hear facile words.

Instead, we’d love more words

warmed and matured in each person,

which are exactly the personality.

   

アートから物ごとを語るとき

そのひとかけら ひとかけらが 聴こえてくる

それが嬉しくて 堪らない♡

During the sharing in an art session,

we hear some of those fragments. What a joy!!

We can’t resist it♡

    

    

アート・セッションについては こちら

About our art sessions, click here.

   

タイトルとURLをコピーしました