REAL: 「本もの」と共に

WORKSHOPのこと

ワークショップでは

自然のものを  できるだけ準備する

In our workshops, we prepare

as many natural materials as possible.

         

使われなくてもいい  それでも置きたくなる

ただそこにあるだけ  でいい

あるだけでも  紛れもない「本もの」のちからが

素材選びに近づいたひとに  作用する

We love to have them even when they’re not used.

They are just worth being there.

The undoubted power of “real” works

on all the participants who come close to them

in the selection of arts items.       

         

視線が  そこに止まる

手が  そこにすっと伸びる

しばし戯れ  残し去ることも取り去ることも

どちらにせよ  心身が動かされている

They charm the eyes and hands.

Fascinated people play with them for a while

and decide to leave or take them.

In either cases, they are already wholly affected.

                   

             

「仮もの」ではなく 「本もの」を

With “the sole real”, not “one of many”

     

これが  常にアタマにある

たとえ  その場限りの作品となっても

安価な化合物より

より質の高い素材を  ≠値が高い

This is our policy.

Even for a makeshift at the venue,

we provide the clients

with higher quality materials (≠ high price),

not cheap compounds.

           

天然石やドライフラワー  樹皮… etc.

そして  できるだけ「地のもの」を取り入れる

Natural stones, dried flowers, barks… etc.

Also, we mind to collect them “nearby the venue”.

                 

            

「食べるものが  自分を創っている」ように

アート素材も  あなたの「今」に影響を及ぼす

Like “what you eat is what you are”,

arts materials profoundly relate to your life “now”.

                     

だから  できるだけ良質なものを!!  

=「自然からの戴きもの」が1番

その中でも  自分が直接受け取った  鮮度あるものは

1番ちから強く響く   

自然と戯れ  ぜひアートを♫

So, get more better quality

= “the gifts from nature” are the best!!

Among them, fresher things directly given to you

are more powerful and friendly to you.

Play within nature and do arts♫

                 

               

LOVEACEのワークショップ情報は  こちら

For more information of LOVEACE workshps, click here♫            

       

タイトルとURLをコピーしました