EXPECTATION: 信頼と期待

WORKSHOPのこと

ある取材が 子どもとの活動に入る

そこで受けた(取材では当然の)質問に 固まる 笑っ

Interviewed on our workshop for children,

I was paralysed at a question(, which was appropriate).

            

「子ども達に 何を期待されていますか?」

“What are you expecting from the children?”

                    

??? 期待?期待?

その質問が ふわふわアタマを廻る

そして 肝心なことへ

「わたしは 何も期待していない」

Expect? Am I expecting something here???

The question floated round in my head for a while

until I recalled the essentials of our workshop.

“I do NOT expect anything of the participants.”

              

匙を投げているのではない 真逆だ

子ども達には 毎回

ひとの真価を観せてもらい 感動している

本当に愛があって クリエイティブだ♡

This doesn’t mean to give up any hope there.

On the contrary, every time

we are impressed by the true value of each being.

It’s so in love, and creative♡

                   

だから そのまんま…

1人ひとりが「自分の想うように」

進んで行ってほしい

We’d love all, just as they are,

to take the authentic way of living

“to themselves”.

                

自分の道は 自分で見つけられる

And, one can find the way alone.

                         

わたし達は その「自分でいられる」環境を整え

そして ひととの関わりの中で

「その自分を表現していい」という 経験を

たくさんしてもらいたいだけ♡ それは自信になる

We set the environment of “being oneself”.

In there, one meets others

and experiences a lot to “express oneself” freely

even in the relation♡

This enhances the confidence.

                           

おとなが「こうなってほしい」という

期待は罪かもしれない とすら想う

子ども達はそれを敏感に察し

そちらに向かおうとする なんという対応力…

だからこそ その自由を守りたいんだ♡

Adult’s expectation to a child

would turn a sin…

They catch it sensitively

and put themselves in our wishes. What flexibility!

So, we want to leave their freedom♡

                

いや わたしの根底に流れている想いは

もっと単純なことな氣がする

それぞれの魅力に 氣づいているから

そのまんまで どんな道を行くのか 観てみたいんだ♡

Umm… frankly, here is a more simple reason:

as, primarily, we believe in each individual’s creative charm,

we wish to see what way is the truth to them.

       

だから その可能性を信じているだけ

何も期待はしていない

Here, we only trust the potential.

We’re not expecting any.

      

             

タイトルとURLをコピーしました