PRACTICE: 実践の必要性

WORKSHOPのこと

とぎれとぎれも おもしろい

Intermittent patterns also attract us.

      

LOVEACEのワークショップは 基本

「がんばらないワークショップ」とも言える

Our workshops of LOVEACE is basically counted

as “workshops without feeling hard”.

         

疲れているときは いつもする側じゃなくていい

観て 氣づくこともある

観ていると したくなって動くこともある

そして ただ横になって

そこにいることで 落ち着くこともある

When you feel tired, you can become an observer.

By observing the room, you still can learn something.

Observation sometimes takes you into action.

Or, just lying down there as you are, you can be relaxed.

          

それでいい All are accepted.

        

ただ 観て「わかっている」ことは

実際とは違うことは 憶えておこう!!

Though, we wish the participants to remember

the “notice” from observation is

way different from what’s in actual!!

        

同じことをしているようでも 変化は起きている

前の感覚では もう適応できない

Even when the doers look like doing the same,

some change is made all the time.

Previous sense is not useful anymore.

        

することで「わかる」のだ

ただそれも その一瞬

次の一瞬は また違う

常にわからない世界がそこにある

だから し続けるのだ

By being involved, you can truly “grab something”.

But, it’s only for that moment.

Next moment, it turns none.

Always, we are facing the unknown world.

So, keep practicing.

        

この意識を持ち続けてこそ 本物!!

そのとき 経験は感覚を磨く

生きることに本氣になる 実践力がつく

Holding this reason, one can be a genuine!!

Then, the experience cultivates the sense.

One can take authentic action, needed for the life. 

       

       

タイトルとURLをコピーしました