DIALOGUE: 対話する

LIFE 日々想うこと

「会話」と「対話」の違いを

意識したのは 20年以上前のこと

It would be 20 years ago

I got for the first time conscious of the difference

between “talk” and “dialogue”.

                  

ある教授が 「会話ではなく 対話しよう」と言った

A professor said “dialogue in this group, not talk”.

                                    

それから 「対話」への憧憬が始まった

Then, I started yearning for “dialogue”.

                             

「対話」は 信頼を築くためのコミュニケーション

「会話」のように なんとなくではなく そこに想いがある

“Dialogue” is communication to build trust

You are there wishing, unlike “talk” in which you are wandering.

           

「会話」では 程ほどな関係を保つことに 心配るかもしれない

だが「対話」では ときに意見を戦わすこともある

想いを伝える価値のある相手であり

自分の想いを聴いてくれる相手 と信じているから

まるっとすべて受け入れられたい とは全く違う

In “talk”, you are sometimes concerned

to keep a relation in bounds.

But in “dialogue”, occasionally you go beyond bounds.

Because the person in front is so special to you.

S/he is open and ready to your wishes.

Here is no wish to be accepted wholly, without any questions.

          

違いも含めた お互いの想いを尊重し合う

その上で 言い合える*関係は 本当の「絆」で結ばれている

*「言い合う」は 決して「傷つけ合う」ではない

We can respect each other, inc. the differences.

When we argue* above it, we are tied by true bonds.

*”Argument” is never done to “hurt anybody”.

             

だから たくさん「対話」をしていく

So, let’s “dialogue” more and more

                       

            

そんな「対話」への心の土壌づくりに

「ARTS de 空観」でのシェアリングは 最高の場だ

どうぞご参加ください→ こちら

To lay the foundations for “dialogue”,

the sharing in “ARTS de Nothingness” WS is a perfect place.

For more information, click here

           

               

 

タイトルとURLをコピーしました