PRAISE: 褒められる罠

WORKSHOPのこと

不器用なりに粘り完成させ 満足♫

I am clumsy, but content to do this fancywork♫

                         

「また褒められるよう がんばろう♫」

もし 参加者にこう言われたら

自分のファシリテーションを見直す 必要がある

“I try harder to be praised by you again♫”

If our client says this, we urgently need

to examine our facilitation.

         

褒められるのは 嬉しいっ♡

We know the effect to be praised♡

          

だけど そこが相手の基準になっては

如何なものか? そのままでいい

どんな自分も 価値はある

褒められるためにではなく

自分でいることこそ 生きることである

Still, we never expect you in our shoes.

Do they truly fit you? Keep your shoes.

Any you is of value.

Life requires you to be yourself,

not praised by somebody.

          

           

ただこれは とても難しいこと

マインドフルネスをわかり始めたひとが

よく「わかった」氣になるように

自分も含め 氣をつけていこう

Though, this is so uneasy.

It’s like who’s willing to be in mindfulness

tends to believe “they are (or they know all)” already.

We need to see ourselves more.

      

       

タイトルとURLをコピーしました