NEGATIVE CAPABILITY: ネガティブ・ケーパビリティ

ARTS アートのお話

アートを「わからない」という反応

それは 自然なことである♪ 

だってアートは 「わかる」を前提としていない

No wonder some “don’t understand” arts♪ It’s natural.

Because… arts are not for “understanding”.

         

      

帚木蓬生氏の「ネガティブ・ケイパビリティ」を読んで

Reading on “Negative Capability” by Hosei Hahakigi

最近 あるワークショップで聴いた 参加者の言葉を想い出した

「あぁ… 今日のわからぁ~ん…

えぇ刺激受けたけど なんかわからぁ~ん!!」

わたしはこの言葉が 嬉しかった

この誠実さ!! 「何だろうね… わからんもいいよ」

「感じていることが じわじわ浸透して いつか氣づくこともあるよ」

It reminded me of a member’s comment in my workshop:

“Gosh… I can’t grab any today…

I’m so inspired… but it doesn’t come to any conclusion yet!!”

I was very pleased with this,

feeling her integrity!!  “You’re just in process.”

“Your soul knows all the matters. Trust it

and give it time until it gets ready to talk to you.” 

        

       

「わからない」「答えがでない」

その宙ぶらりんの状態を

どれだけ尊重できるか

注視し 興味をもって味わっていけるか…

“I don’t understand.”

“Nothing is clear to me.”

Here… HOW MUCH can you

attentively be in the situation?

 Be curious about the pending matters?

And, enjoy the moment? 

      

それを 「ネガティブ・ケイパビリティ」と呼ぶらしい♪

The holding power is called “Negative Capability”♪

     

世の中は 「わからない」で溢れている

すべての問題を みんながスッキリするように解決なんて

… とても不可能だ

The world is chaotic,

“out of understanding”…

It’s impossible to solve all the matters,

perfectly to every single being.

                    

そこで早急に 安易な答えを出すか

じっくり その不可思議を「感じ」♪

その言葉にならない 混沌を 捉え耐えるか

Still, we can be “generous”,

holding the confusion, hard to explain.

No need to hurry nor careless conclusion for us.

     

刻々と 状況は変わる

ひとの心も 変わる

Every minute

situations change.

So do our minds.

    

今はまだ出せない 出さなくてもいい 答えもある

There is an answer not now, not yet.

    

    

そういうちからを説くためか…

「論語」の実に1/3は 芸術論 だそう!!

アートに触れることで もっと「わからない」に馴染もう♪

For telling this to us… !?

one third of “Analects of Confucius” is on ARTS. WOW!!

With arts, feel easy to “mystery” more♪

      

タイトルとURLをコピーしました