WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは6/19です

CHIANG MAI

TRAVEL 世界への旅

黄金色の仏像が安置されている Wat Phra Sing(ワット・プラ・シン)       

     

Kingdom of Thailand(タイ)第2の都市 

首都Bangkok(バンコク)の北方720kmにある

Chiang Mai(チェンマイ)は

13-18世紀に栄えていた ランナー王朝の首都だった

    

その中心 城壁に囲まれた旧市街の内だけでなく

外にもそこここに 仏教寺院があり

鮮やかなオレンジ色の袈裟を着た僧たちに よく出くわす

ATMでも見かけ そのちぐはぐさに2度見する haha

  

   

数ある寺院のなかでも 特にわたし達が氣に入ったのは

① 旧市街にある Wat Phra Sing(ワット・プラ・シン)

Chiang Mai市内で 最も大きい寺院である

上の仏像だけでなく 室内の装飾など すべてが豪華で

じっくり観ていくだけで 満たされる

ゾウの土下座すがたが可愛い♡

 

②Chiang Mai西部の古刹 Wat Umong(ワット・ウモーン)♡

ここは 街から離れた森のなかにある

観光客はほぼおらず とても静かで すごく氣持ちいい

 

僧たちの修行場でもあり その暮らしを垣間見る

話してみると 元犯罪者などもいるらしく

一瞬ドキッとしたが 今の信心を疑うにあらず… 笑顔をかわす♡

それがスッとできる そんな空氣がそこにはあった

 

また瞑想用に造られた 真っ暗なトンネルがある

そこに入ると… 魂がふるえた!!!

「歓び」 その場にあった 愛を感じた♡

  

   

タイの寺院にいて不思議なのは

心静かになると同時に

とても愉しい氣分にもなることだ

 

それは例えば 8体の 姿かたちの違う仏像が並んでいること

生まれた曜日ごとに拝む仏が違うらしく

タイの人びとは 自分の生まれた曜日を知っている

(水曜日は午前と午後にわかれるため 8体になる)

自分の守護仏を求めることで そこに「愛着」が育つ

そうして何らかの関係が生まれると 参ることが「愉しみ」になる♡

   

  

③さらに西郊外のWat Phra That Doi Suthep(ドイ・ステープ)

山の上にある 地元民おすすめのお寺

ケーブルカーもあるが わたし達が行ったときは 工事中

長~ぁい階段を上ると 大きな黄金色の仏塔が♫

その他にも たっぷりと見どころがあって 雨でも楽しめた♫

     

観光のオプショナル・ツアーにも ここは含まれやすい

わたし達も ガイドさんに連れて行ってもらい

帰り 市内よりずっと手前の②Wat Umongで 降ろしてもらった

そういう交渉もしてみると 旅の効率があがる♫

 

ちなみに… Wat Umongは僻地すぎて 幹線道路まで歩いた

そこで Songthanew(ソンテウ)という

ピックアップトラックの荷台を改良した 乗合タクシーを掴まえる

これ 安くて便利だけど ぼったくりもあるらしい

道が全くわからない場合は やっぱり事前交渉をしておこう♫

それも旅の醍醐味である♫

     

 

街に戻り向かうのは Warorot Market(ワローロット市場)

地元では 「カード・ルアン(最大の市場)」と呼ばれ 親しまれている

似たりよったりでも 毎回 その土地の市場に寄る♫

買わなくても 楽しいっ!! ここでは特に ドライフルーツを堪能した♡

 

それから Night Bazaar(ナイト・バザール)や

Saturday Market(土曜市)などの 賑わいに行くのもいい♫

Chiang Maiの治安は 基本 とても良くて

わたし達は アジア特有の緊張感を 全く感じなかった

 

お料理も美味しくて のんびり陽氣な時間を過ごす♫

 

 

マーケットの話ついでに… タイパンツの購入について 少し♫

安かろう悪かろうではなく ぜひ 質の良いものを!!

 

体にやさしい Organic Cottonなどの素材もの

Designer’sの こだわりの染色やパターンが施されたものに

ぷらっと歩いているだけで 意外と出逢える

それもお安く♫ えぇタイパンツは履き心地 最高♡

12年経った今でも Chiang Maiで買ったパンツを愛用している

   

  

最後に Chiang Maiの南東5kmに位置する

1984年に発見されるまで 忘れられていたランナー王朝の旧都

Wiang Kum Kam(ウィアン・クム・カーム)の遺跡群 Remiansへも

ぜひ足を伸ばしてほしい♡

 

Wat Pupia(ワット・プピア遺跡)など

レンガで積み上げられた古代遺跡が 観られる♫

これらすべてが 度重なる洪水により 土砂に埋まっていたそうだ

遺跡以外何もない 何もないが… 妙に落ち着く場所だった

 

 

Chiang Maiは ひとからも街からも

他のアジアでは味わったことのない 「安らぎ」を感じた♡

仏様に護られている街だからかな… ♡

 

そうそう…  当時も今も ネット上で探せない

「サラーモーン・オーソット(英語表記もわからない)」という

地元民から絶大な人氣を誇るお店が 市街地にあった

そこで試した (旅などの)疲れを癒す 生姜と黒胡椒のドリンク!!

じぶん達の身体に合うかわからず どきどきしたが

しばらくすると 軽くなった氣がした…

Chiang Maiは 頼れるものが 色いろあるんだな haha

 

タイトルとURLをコピーしました