INITIATIVE: 受け身の怖さ

LIFE 日々想うこと

子ども達の「創造性」を保つ ワークショップ開催中

We offer children workshops to keep the “creativity” all through the year.

      

ゲームをすることがダメ とは想わない

ただ どうゲームと関わるか

それは どう人生と関わるか と同じ

We never think game is harmful.

Though, it’s vital to think how we play it

like how we live.

      

単純な「するしない」では

「生きるか死ぬか」のお話になってしまう

It’s not such a plain question if “you do it or must not”.

Who asks if “you live or die”?

     

なんとなく ゲームを長時間するのか

(なんとなく 生きているのか)

そこに何かしらの 自分の意思があるのか

その差は 歴然としたものがある

Are you just playing game for hours?

(Are you just living?)

Or, are there any intentions?

The answers cause a remarkable gap in you.  

      

       

子ども達と表現アート・ワークをしていると

1つのテーマに 自ら何かを見出し 築き上げていける子と

おもしろい投げかけを待って そこで遊ぶ子に分かれる

Having a creative time with children,

we realise some are really good at building up something

from their own discovery in a theme;

and some just play within other’s interesting ideas.

       

積極的に「今」を構築していくのか

それとも 受け身で「今」をやり過ごすのか

Some make “this moment” actively.

Some just kill “this moment” passively. 

       

そして明らかに ゲームを長時間している子ども達は

後者である それが大いなる懸念となっている

A pitiful concern here is the children who play game for hours

have a clearer tendency to be in the latter case.

    

周りから 「おもしろい」刺激を与えてもらえなければ

目の前の事象を深く探求もせず すぐ飽きる 指示待ち人間…

小学生の低学年であっても 既にそう固まりつつある

LOVEACEのワークでは 指示は出さないため

そういう人びとは初め 「自ら愉しむ」生みの苦しみがあるだろう

ただそこには 「創造的に生きる」悦びもついてくる

They wait other’s orders, esp. a “motivating” cue to act.

Without observing phenomena in front carefully, they get bored soon…

Even lower graders in elementary school are becoming so.

In LOVEACE workshops, we don’t order. 

So, those participants would have a pain to conceive

“how to please themselves”, but also joy to “live creatively”.

       

       

もっと生産的に ゲームとつき合えないのか

Can we live more productively with game? 

     

あまりにも ゲームに興味がないため 実験する氣はないが

どうせするなら そこを考えたらどうだろうか

「ゲームをするしない」の議論ではなく 

「何のためにするか」「何を学んだか」

「何を失ったか」「どうすれば より良くなるか」… etc.

ぜひ 自分自身に お子様にはご家庭で 問いかけてほしい

We have no interest in game so no intention to make an experiment…

but wonder if gamers (and the family) can think about this.

It’s not the argument if “game is useful in life”

but more constructive discussions like “for what you play”

“what you learn” “what you miss” “what change you better” and so on.

To yourself and in family, we hope this gonna be done well.

     

        

子ども(小学生)のためのワークショップ

「笑M 遊びと表現の研究」については こちら

大人向け(中学生以上)は こちら

(個人セッションもあります→ こちらをお読みください)

On LOVEACE sessions, click here

     

タイトルとURLをコピーしました