WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは9/5です

RESILIENCE: ネガティブ感情の経験

ARTS アートのお話

なんだこれ!? いろんな感情がアートを取り巻く

What’s this!? Various emotions are engaged in artwork. 

             

恥ずかしい 悔しい 怖い… など

ネガティブな想いをすることは 力になる

Embarrassment Chagrin Fear… etc.

These negative emotions also nourish us.

           

常に晒されるようでは いけないが

たとえば 自分の間違いを認め 謙虚になれたり

より一層の努力をするようになったり

物ごとをよく観 心の準備ができたり…

Surely, nobody needs them all the time.

But by them, you can:

e.g. realise your mistakes and feel humbler;

make more efforts to success;

observe things carefully and settle better… 

              

その先の「笑顔の肥やし」となる

They are like “manure which promises your smile”. 

                 

                 

「子どものため」の一言で それを奪っていないか?

“For my children”: haven’t you made little of the above fact

and been spoiling any of your children*? 

*「かわいい自分」という子どもも ここに含まれる

*The sweetest one in you is included here.

           

         

親の手の中では それらの感情を避けられても

巣立ち社会に出れば 逆により激しく 味わうことになる

You might keep your children out of those negative emotions

under your influence at home.

Though, the emotions will seize them harder in society

when they fly from your nest.  

     

馴れていない分 うまく乗り越えられるか…

Can they overcome such an unfamiliar situation well…?

       

たとえば 自分の間違いを認められず 依怙地になったり

憤って ひとを攻めることに没したり

必要以上に恐れ 内に閉じこもったり…

e.g. they would: deny their mistakes and become contrary;

get furious and sink low by accusing others;

shut their hearts in unreasonable terror…     

       

「子どものため」の結末がこうなら 無残すぎる

Do you still avoid the negative emotions “for your children”?

It can be the dreadful end. 

         

           

ポジティブもネガティブも 

すべて含んで ひとは有る

All positive and negative matters

live with us, in balance. 

       

それを忘れてはいけない

Keep this truth at the heart.

         

       

アートを通して いろんな感情に馴染みませんか? 詳細はこちら

By arts, why don’t you get on with the emotions in you?

Click here for further information.     

 

タイトルとURLをコピーしました