WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは4/11です

PCA: ありのままの自分で

AROMA アロマと健康

アート制作だけでなく そこから話すことが

LOVEACEのアート・セッションで 大事なところ♫

Not only to create something but also to talk on the work

is so important in our LOVEACE workshops.

    

ライオンを見て 怖いと想うひとと

かっこいいと想うひとがいる

Looking at a lion, some feel fear

and some admire its cool. 

   

哀しみの色が 青なひともいれば

からし色 灰色なひともいる

青でも よくよく聴けば

水色 群青 藍… と様々だ

The colour of sorrow is blue for some

but mustard, grey, etc. is for others.

Asking on the blue, we’re amazed by the variety:

sky blue, ultramarine, azure, navy, etc.

    

アート作品に込めたメッセージも

そこから受けとるメッセージも ひとそれぞれ

Both the message put in a work

and that evoked from the work differ by person.

    

   

アロマの香りでも そう

ラベンダーを常時携帯しているが

それを臭いと言うひとも

ホッと落ち着くと言うひとも いる

It also occurs in aroma.

I carry lavender oil with me anywhere.

It’s too ripe for some

but very relaxing for others.

     

         

だから 心理学で言うところの

Person Centred Approach (PCA)

代替医療で言うところの

Individual Prescription (IP)にて

わたし達(LOVEACE)は ひとと関わる

       

So, we LOVEACE communicate with clients

by the Person Centred Approach (PCA) in psychology

and Individual Prescription (IP) in alternative medicine.

    

本人もだが こちらから分析や解釈はしない

クライアント本人が どう想い どう感じるか

そこに寄り添い そこを引き出すのが役目

= ファシリテーションの意味そのもの

We and the client him/ herself never analyse

nor categorise them in a certain way.

What do they think and feel now?

Close to this question, we attend and listen.

This is the act of a facilitator, indeed.

    

それは「自分でいる」ために とても必要なこと

It helps much the clients to “be their own”.

    

    

そして いろんな感想を聴くことは 本当に興味深い!

同じひとなんていないことに 感謝である

What is more, the volumes of opinions are so fascinating to us!

We feel grateful: no one is the same!!

      

                     

次回のワークショップのご案内は こちら

For our LOVEACE sessions, contact us here.

タイトルとURLをコピーしました