WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは1/22です

TEENS: 若者の感性

ARTS アートのお話

若者だからって 思慮が浅いわけじゃない

言葉足らずで 説明が不十分でも

その裏の想いは 実に豊かに動いている

The youth have a thought.

Without apt words enough to explain,

they still imagine a wealth of it.    

  

「今日動いていると 色んなことを感じて…」と

とても色鮮やかで きらきらした作品を創った若者がいた

“Moving the body (in the workshop) today,

I felt a variety of things…”

A young participant created a colourful piece with glitter.  

   

経験が少なくなくとも 感性が鋭く働く

だから ワークショップでのやりとりでは おとなを唸らせる 

勝手なおとな達の 「こういう感覚わかるかな?」を 

優に飛び越える 包括的な捉えかたで 「あぁ」と掴んでいく…

The youth use the acute sensibilities

to grab things in workshop/ life

even though they acquire yet a few experiences only.

It’s sometimes so surprising to adults.

For example, the youth try to grab adults’ stories holistically,

over age concern (by the adults’ side… sorry).

    

   

言葉にはうまくならない内面を 

表現アートは 映し出す

Expressive arts show you

one’s inside, not described by words.

 

この原点に還る

Be with this basic. 

  

言葉以前の理解を

言葉にならない想いを 

赤子の万能感を 呼び起こす♡

(↑ずっと内に「ある」!!)

Recall the sense of understanding

before any word, the feelings unspoken,

the baby’s full potentials♡

(all of which we “keep” inside!!)  

  

タイトルとURLをコピーしました