MY STAGES: わたしと演劇

ARTS アートのお話

自分をうまく扱いきれなかった頃

自分のなかの鬱屈したものを 演劇で消化しようとしていた

誰かを演じることで 大きく変容できる氣がしていた

In teenage when I couldn’t deal with myself well,

I tried to get rid of my depression by acting.

By becoming somebody, I wished to change myself dramatically.

                      

だけど… あのときは 遠い と勘違いしていたが

役が自分にあまりにも 近く* 踏み込めず うつろで限界だった

*下手な役者に合わせた 見事なキャスティングによる

It was a mistake.

Casting directors selected a good role for me.

Though, as it was so close to me I could not cast myself to fit the role.

(At that time, I thought it was too different from me.)

My soul was overcast and dying.

                  

ゆがみすぎたわたしは 自分にまっすぐありたかった

I, warped, wanted to be upstanding.

               

                     

イギリスで In the UK, I learned

Physical Theatre and Devising Theatre、 Impro. などに

出逢い 感動した They rejuvenated me.

              

今このカラダ 今浮かぶアイデア

それを披露して 話し合って… の繰り返し

こう書くと 自分をさらけ出す作業を課せられているようで怖いが

それが身体表現や演劇などのアート活動を介すと するっと挑戦できた

We talked and rehearsed again and again…

presenting our own bodies and freshly popped ideas there.

Does this sound like exposing oneself harshly?

Actually it wasn’t so tough.

I felt rather secure in the aesthetic approach

like physicality and theatre making.  

                     

自分をどうにかしなくては… ではなくて

自分そのままでぶつかっていくリスクのほうが 氣楽だった

I didn’t have to change myself.

Instead, I just took risks to see and show what I was.

And, it was all for the best.

            

だから今 「ARTS de 空観」をしている氣がする

長い道のりだったけど 自分で自分をまず受けとめたくて♪

So now, after a long journey,

I decided to be with”ARTS de KUKAN”

for accepting my own before anything else♪

              

          

事実は小説より奇なり

舞台でも 役者の「生」を感じたい

Truth is stranger than fiction.

I love a stage full of living bodies.

      

タイトルとURLをコピーしました