WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにようこそ♡ 次回のARTS de 空観は9/1です

DIVERSITY: 多様性の難しさ

LIFE 日々想うこと

納得のいかない作品も 意味がある

Any one against my will is still valuable. 

    

「多様性」は語られるほど 遠のいている氣がする

As “diversity” is shouted, it becomes less likely.

    

保守だろうが 革新だろうが 

あなたは あなたの心情と逆なものの存在を

ゆるせているだろうか?

Either conservative or radical,

can you grant the existences opposite to you?

    

同じように考えるひとしか 

しとしていないのではないか?

「多様性」でなければいけない という

一択になっていないか?

Aren’t you expecting

mere similarities in others?

Don’t you keep only a choice

of “diversity”? 

      

昔は アタマの固いひとが多かった

意見がぶつかるほど 自分の信念を通すひとがいた

いや実際は それほどでもなく

ただの意地っぱりやぶきっちょかも!!

それでも周りは 「しゃーないな」とゆるしていた♡

同調したわけではなく 違いを認め

その存在を受けいれていた♡

Before, there were many stubborn.

Some just lived in the belief even though it caused troubles.

Not so actually they did, probably…

but they were solely unadaptable or clumsy.

Yet, people around admitted them, saying “oh dear…”♡

It’s from not sympathy but understanding.

They accept each differences♡

    

「多様性」は あったんじゃないか?

This means, there was enough “diversity”?

    

       

今… ものわかりもよく 器用にもなった 

だけど なにやら息苦しい…

柔らかそうなアタマで お互い想いあう

合っているか 視あう… 

Now… people become more adaptable and cleverer.

Though, why on earth is it so suffocating?

With apparently flexible heads, people mind one another

and compare to fit more… 

    

ついでに AIによって 

同じようなひとを紹介される

Besides, only ones with like personalities 

are introduced to you, by AI.

     

違う存在は 何処?

Where are the others?

    

    

正確に言えば 

隣にいるひとも あなたとは違うのだけど…

それを感じられているか?

それでもなお 愛せているか?

To be accurate,

the persons next to you are different from you…

Can you feel it, and yet love them? 

     

     

「多様性」の同調ほど 虚しい

It is vanity that one’s driven to “diversity”.

それは求めるものではなく

自分が そうあればいいのではないか?

Isn’t it a matter how you behave,

not to demand others?