LOVE: 傍にいること

LIFE 日々想うこと

Yeah!! と いつも元氣なことを願うけど…

Wishing all children full of beans always, but…

     

ワークショップの開始前

子どもがぐずって ちょっと困る

Before a workshop, a child was fretful.

We were a little at a loss.

          

はっきりした理由があるようで 

はっきりとはわからず 漫然としている

解決法を見つけて 落ち着けさせようとする大人

だけど それじゃあ 子ども側は納得しない

There seemed a reason,

but it was uncertain and ambiguous.

Adults tried to calm him down by finding the solution.

But, it was not exactly what the child wanted.

        

そんなときの身体は すでに逃げようとしている

そこに氣づき 腰据え 自分を落ち着ける

In such a time, already, our bodies head the other ways.

Feel it and place yourself back right there. And, make yourself calm.

                  

子どもの声をより丁寧にひろう

曖昧なことでも 信じる

わからないことは わからないまま

ただ傍にいる いいならやさしく触れる

「そうか そうか」と聴く

おじいちゃんやおばあちゃんになる

Catch what the child says, more sincerely.

Believe whatever it is, even in doubt.

Keep the question in mind as it is.

Just be with the child and touch gently, if allowed.

Like the grandparent, nod to the child “I see, I see”. 

           

特別なことはできないけど そこにいることはできる♡

We can be with the child, even though we can’t do anything special♡

           

何でもないことを いっぱい話し

氣づくと 周りの子ども達の笑い声に

その子の声が溶け込んでいる

We talked a lot, even small.

Then suddenly, we heard the child’s voice

in the others’ laughter.

            

小休止 そんな時間があっていい

ぐずる姿も愛おしくなるほど たっぷりと

愛溢れる自分とつながっていたい

A break, one can take anytime.

We’d love to be so much affectionate towards people

that we feel fond of even a fretful child.

          

タイトルとURLをコピーしました