VISION: 想いを大切する、大切さ

WORKSHOPのこと
初めてのトルコの伝統刺繍「イーネオヤ」の作品
My first original piece of Igne Oya, the traditional Turkish lacework
       
       
「下手だから」も「できないから」もない
“I’m poor skilled or unable” is not the reason to stop you creative.
          
そこに「したい」想いがあったら
「こういうもの(世界)を」という ヴィジョンがあったら
試したくなる どうにかカタチにしようとする
As there is a wish “to do”
or a vision of “making this (world)”, you will try.
You will change it to action.
   
初めはぶきっちょで 不細工で 苛立つかもしれない
The first work looks clumsy and ugly, that may irritate you.
      
それでも作ってみると 具体的な策が観えてくる
だから 「何が必要」で「どうしたらできるか」が掴める
それでも 納得のいくカタチになるまでは
相当な試行錯誤を重ねることになるが そのときに先の悩みはない
Still, you can try. By doing, you see actual solutions.
You acquire “what are needed” and “the ways to success”.
Of course, to form the satisfying ones
you will go through lots of trial and error.
But then, no excuse like the above comes.
       
      
始まりは「想い」だ
The cue is “your wishes”.
     
そしてそれは 叶えられたいと願っている
あなたの夢であり 未来であり希望だ
Those are with you to be realised.
Those are your dream, future and hope.
     
「想い」の傍に♡
Stay with “the vision”.
        
       
          
LOVEACEのワークショップでは そこを大切にする
In LOVEACE workshops, we well take care of it.
          
“試す前の「できない」には ヴィジョンがない
想像力がないわけではなく 想像しようとしていない
そこをイメージするよう刺激すると
あっという間に「できる」から ぞくぞくするし 笑っちゃう”
“When one says “I cannot” without trying, there is no vision.
It doesn’t mean s/he has no imagination, but s/he doesn’t image any.
So, I stimulate the participants to do so.
Next moment I, thrilled and moved, see them so “able”.
     
けいこがファシリテーターを務める
「笑M 遊びと表現の研究」のブログより(こちら
From the blog of a workshop,
in which Keiko’s involved as a facilitator. 
          
タイトルとURLをコピーしました