INTUITION: 想うがままにアートする効果

ARTS アートのお話

水彩ではなく ポスターカラーを欲した作品

This demanded poster colours, not watercolours.

           

中学生のとき 無性にポスターカラーに惹かれた

あの滑らかな感触 そして色の鮮やかさ

美術の先生が 「高い絵の具がよぉなくなる」と嘆いた

しばらく 忘れていたけれど

この作品を描いたら ふと記憶が蘇った

In junior high, I terribly adored poster colours.

The smooth touch and brilliant colours!

The teacher sighed, “the expensive run out a lot.”

For a long while, I forgot this.

But painting this, the reminiscences came back.

         

水彩とポスターカラーの両方を扱った

水彩の流れる軌跡が とても煩わしかった

人工的な水路のように見え

その上から ポスターカラーで消した

ひとがいなくなった集落のように 野生が復活していく

その自然魂の開放に 心が打ち震える

I used here, both watercolours and poster ones.

The flowing tracks of the former looked like canals, so upsetting.

So, I applied the latter on to make them unseen.

Like a depopulated village, the wild began to live vividly,

which impressed me a lot.

It was an awaited expansion of natural souls!

         

このテーマは「無人島」だった

ワーク中 島がなかなか見えなかったのに

島は ちゃんとそこにあった

ずっと そこにいた

The theme was “an inhabited island”.

I was lost and wondering about it in the process.

Though, it was there.

It was with me, all the time.

          

必要なものはやってくる

What you need will come.

         

だから 無心に取り組む 

疑問も混乱もそのままに 想うままに     

そのプロセスは 氣づきの宝庫だ!!

So, do without intention.

Keep creative even with doubts and confusion.

The process shows you many things!!

     

    

タイトルとURLをコピーしました