WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは7/10です

SINGAPORE

TRAVEL 世界への旅

Photo: Gardens by the Bay 海辺の植物園

とっても広くて歩く!! &暑いから のんびり行きたい 

人工の大樹群をつなぐ 空中歩道からの眺めは◎     

      

東南アジアの中心にある 常夏の都市国家

Singapore(シンガポール)

世界の物流拠点の1つである この場所で 

あんなにも「動植物」と「異文化」を楽しめるとは

予想外だった!!

     

        

 

Sentosa(セントサ島)のS.E.A. Aquarium 水族館

    

36m×8.3mの巨大水槽のアクリルパネルは

日本の日プラ製!! (from 香川県♫)

涼しい館内で 優雅に泳ぐ魚たちをゆっくり眺める♡

開館当時 世界一のギネス記録を狙ったためか

シンガポールの氣質なのか あれもこれも詰め込まれている

が… あのパネル前だけで 十分だったなぁ♫

    

     

そう シンガポールは無理をしないこと!!

暑いし 道路ひとつ 広くて渡るのに苦労する…

(だだっ広くて 横断歩道が離れてある)

       

    

 Night Safari(夜間動物園)

子ども向けというひともいるが 

動物好きのわたし達には ものすごく楽しかった!!

特に 動物たちは夜行性が多いから

その動き回る姿を観つけては 歓喜していた♡

    

※ 動物園に着いたら まずトラムを予約しよう!! 

またまた広い園内を グルっと回ってもらうと 楽だ♫

           

    

Singapore Botanic Gardens(植物園)も 

散策し甲斐がある♫ ただ広いから 時間は余裕を持って!!

     

      

創られたものだが… 

そこにある自然を存分に味わったら

次は 異国の世界へ♫

   

Little India(インド街) 

   

Sri Krishnan Temple(スリ・クリシュナン寺院: 写真中央)や

Sri Srinivasa Perumal Temple

(スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院:写真右)など

ヒンドゥー教の寺院が 広範囲に点在している

    

まっすぐ行こうとすると迷うが

うろうろ自由に歩きまわっていても ばったり!! 

祝典の余韻に触れたり 儀式前の準備を垣間見たりする機会に 

ありがたいことに出くわす♫ 

    

ひとがそこに集っているから 見逃すことはない♫  

仮ではなく 生きている文化が そこにある♡ 

     

     

Sultan Mosque(サルタン・モスク)

このイスラム礼拝所を中心に Arab Street(アラブ路)がある

    

神聖なモスクのなかに入るときは 

ちゃんとルールを守る♡

暑いからと 肌の露出が多い恰好をしているなら

入口で服を借り(無料) 身を包めばOK.

   

ここも 実際 敬虔な信者さん達が

祈りに訪れて来るところ

そのひたむきな姿勢に 脱帽♡    

     

この近くで 初めてカフェに入る♫

シンガポールには 豪華なカフェやバーは多いが

ほっと落ち着くカフェが少ない…

暑さに負け ふと目に留まった小さな露店 

そこで出された あっまい!!チャイの味は 忘れられない♡

あっまいんだけど その甘さを身体が欲していた

   

それから イスラム料理店 Zam Zam!!

そこの「Murtabak(ムルタバ: 写真右)」は

美味しすぎて リピートした!! 

食事用「パンケーキ」 また食べたいっ♡

   

      

 最後に China Town(中国街)

先の2か所は お互いが近しいところにある

そこから Singaporeの中心地

有名なMerlion(マーライオン)の周辺を挟んで 逆に

China Townは位置している

   

「仏牙寺龍華院」の仏像は 圧巻(写真)♫

だがこちらは 観光スポット感 グッと高めである

そして… 周りの小さな仏教寺院は 逆に閑散としていた   

      

そのかわり… 目の前のMaxwell Food Centre

(マックスウェル・フードセンター)は 地元民に大人氣っ!! 

色んな地域の屋台が詰め込まれた 屋台街

=「Hawker Centre ホーカーセンター」の1つで

長い列に並んでは あちこちから美味しい食をいただく♫

    

これも とってもうきうきする経験だった♡

    

       

じゃあ Singapore独自のものは何か? 

と問われると 正直困ってしまうが

この人工物と自然 そして色んな文化の混じり合いが

“This is Singapore” じゃないだろうか

    

そういえば 話されている言葉も 

イギリス英語+中国語の “Singlish”である

“OK lah!!” “Thank you lah!!”と 

らぁ!!らぁ!! 訛りが 次第に癖になる♡

     

ちなみに Singaporeの国語はマレー語である!!

イギリスの植民地支配の後 1963年に 

マレーシア連邦の一部として 独立したため⁉

    

だが住民のほとんどは マレー系でなく 中国系!!

     

また 貿易の要衝として発展するなか 

他の地域と意見が対立していき 

1965年 マレーシア連邦から独立する 

    

そして 経済のため 人口の40%を超える移民のため

日常的に話していたSinglishが 

現在は 若者を中心に 主流となっている

    

と やっぱり混ぜこぜだな Singaporeは♫ 笑っ

     

    

そうそう 歴史的に言うなら

15世紀ごろから マレー半島に移り住んだ中国人 

= Peranakan(プラナカン)を外せない

Peranakanたちは 欧米の統治者たちの文化も取りいれ 

正に「混ぜこぜ」の 愛くるしい文化を生みだす

     

その名残が East Coast(東海岸)エリアの

Katong(カトン)地区にある “Peranakan Houses(家)” ♡

今も現役の カラフルな一戸建て達は 

土地のないSingaporeでは 贅沢そのもの!!

    

とっても行きづらいが バスと徒歩で頑張ってみる♫

せっかくだから Peranakan Cuisine(プラナカン料理)の老舗店

Guan Hoe Soon Restaurantも訪れ

日本では味わえない風味を 堪能する♫

   

「元祖☆混ぜこぜ Singapore」の世界に浸る 1日もあり!!

    

    

それから 街でアイスクリーム屋台に出逢ったら 試そう♫

色んな種類のアイスの箱があり それを切って!!

ウエハースに挟んで 渡してくれる

暑いところに この「アイス・サンド」は堪らない♫

 

こんな昭和っぽい光景もあれば

Singapore Art Museum(美術館)のような

とても斬新な空間もある 

Singaporeは 多民族国家であり

多様なもの達が共存する おもしろい処だ

     

    

ただ 大都会のぶぶんと暑さには辟易する

観光としては 1週間で満足かな… そして住みたくはない

虫に刺されない と想ったら 

朝 大量の殺虫剤が 街に吹きつけられていた…

ゆったりと珈琲を飲みながら見たそれは 恐ろしかった…

発展しすぎた人間社会は こころを失っていないか…

   

Marina Bay Sands(ホテル兼ショッピング・モール)向かい

対岸のライト・ショーをほのぼの眺める 

屋台の人びとのにぎわい♫ 

あのあったかさを 決して忘れないでいたい

           

     

海外派遣中の友を訪ねて行った Singapore

やっぱり 「そこに行ってこそ」わかることが満載だった

Thank you lah!!

       

タイトルとURLをコピーしました