WELCOME to LOVEACE: ラヴィースのブログにお越しくださり、ありがとうございます♡ 次回WSは9/11です

LONELINESS: 孤独感

LIFE 日々想うこと

一緒にいるから 阿吽でできる 失敗もへっちゃら♫

from「笑M 遊びと表現の研究」WSでのピラミッドづくり

Being together, we can work together efficiently, even on failure♫

from Pyramid Building in EM Workshop with children

    

あるお母さんと 子どもとのコミュニケーションのことから

「わかってもらえない」という孤独感のお話に至る

When I talked with a mother about communication with children,

it moved onto loneliness of “not being understood”.

       

「わたしも抱えているから あの子の氣持ちはわかる」

“As I hold it too, I feel sympathy with my son’s.”

   

素晴らしい♡ おとなの共感は 子どもには救い

そしてそんな孤独感は 多かれ少なかれ ひとは皆抱えている

もちろん わたしもだ

How wonderful♡ Your empathy can help children.

Above, we all also have such loneliness, more or less. So do I.

     

だから「孤独感」を抱くことは 特別なことじゃない

This means, it’s nothing special to feel “loneliness”.

      

    

問われるのは 「そこからどうするか」だ

The essential question here is “what you can with it”.

       

わかってくれないから 

暴れる 避ける 独りになる

わかってくれないから 

考える もっと話す 理解してくれる友を見つける

As nobody understands you,

do you give up both yourself and anybody around,

and get into solitude?

Or, do you think, speak more about yourself,

and even slowly bear the love?

     

前者は孤立主義 

後者は個人主義 全く違う

The former is on isolationism;

the latter on individualism. These are way apart.

     

     

そもそも ひとは違うんだから

「わかってもらえる」ほうが 貴重なこと

「わかってもらえなくて当然」

First of all, as we’re all different,

it is very precious to “be understood”.

“It is natural not to be understood”.

         

そしてもし… みんなに全てがわかってもらえたら…

一見楽そうだが コミュニケーションの必要はなくなり 

おもしろくないだろうな… たぶん すぐ呆ける 笑っ

Imagine: if we all could grasp others’ minds perfectly…

it seems comfortable, but actually… it would be so boring.

We lose the need of communication.

And probably, we would grow senile soon. Oops.

   

    

孤独感から コミュニケーションは

生まれているんじゃないかなー?

深い共感と コミュニケーションを築けるひとは

深い孤独感も知っているひとだと 想う

Communication stands on each loneliness, doesn’t it?

We reckon that one who builds communication with deep empathy

knows the sense of loneliness in depth.

    

タイトルとURLをコピーしました